前の2件 | -

阿川佐和子は嬉しさと悲しみの要因を手にした [芸能界]

阿川佐和子は.jpg

作家でエッセイストの阿川佐和子(63)9日に婚姻届を提出したという一つの嬉しさと。一つの悲しみを手にした要だ"


佐和子いわく「くだらないことに笑い合って、ときどき言い争いつつ、穏やかに老後を過ごしていければ幸いかと存じます」とコメントしている。パスポートも免許証も銀行実印も変えると言う。何も笛字までも変える事までしなくても良い。と思うのですが阿川佐和子のケジメなのか初婚でも有り。思う事が有ったのでしょう。相手の男性はバツイチで一般男(69)と言う。教育関係の仕事をしているとか。

阿佐和子はとっくに結婚は諦めていると思っていたがやはり女性だ実に嬉しそうだ。しかし嬉しさと悲しみの要因を手にした要だ。阿川佐和子の母は完全に佐和子の結婚は頭から完全に削除されているのか「え? サワコが結婚するの? 誰と? どうして?」を繰り返すと言う。面白い光景が浮かぶ♥

阿川佐和子と言えば厳しい父だ

阿川佐和子は父が入院中の会話を紹介している。その会話が面白いのだ「病室にチーズを持ってこい。ビールが切れた」と父が言た。「いった用件だと思いきや。静かな口調で言ったのです」父が言う「噂では付き合っている人がいるそうだが」阿川佐和子は思わず「実はお父さんに挨拶に連れていこうと思ていたんです」と言い訳をしたと言う。父は「その必要はない」と完全に否定されたと言う。しかし父は「それでお前は幸せなのかお前が幸ならそれで良い」と言たと言う。阿川佐和子と父の関係はテレビでよくその父の厳しい状況を話ていたが。やはる娘の佐和子を気にしていた要だ♣

おわりに

有る作家が60歳を過ぎたら全てを捨てろと。言う内容の本をパラパラと見た。全てとは女房も金も家財道具も友人もだ。やがて人生の終演に備えてると言う内容だ。一利有る内容だ。よく見かける。老夫婦が仲良く散歩をしている。しかし別れは必ず来る。その悲しいは年を取るほど悲しいは果てしないと言うのだ。その意味から言えば阿川佐和子は一つの嬉しさと一つの悲しみの要因を手にした要だ♥




Sponsored Link

中学生プロ棋士藤井翔太18連勝次の相手は近藤誠也が凄い [将棋]

藤井翔太棋士.jpg

中学生プロ棋士藤井翔太5段が18連勝の記録を作っり史上最年少の羽生三冠に並んだ"


次の戦い相手は「加古川清流戦」で5月25日東京で近藤誠也5段(20)と戦う凄い戦いになると思う。近藤誠也4段は1996年生まれ20歳で5歳で祖父に将棋を教わる。小学6年で奨励会に入門17歳の秋に三段リーグに参加。第57回奨励会3段リーグ戦で13勝5敗で2位となり2015年10月1日4段デビューした。

今年は40戦で30勝10負けで7割を超える勝率を保つ。対局数ランキング1位勝ち数ランキング2位勝率ランキング6位の成績の今旬の棋士で有る。誰が中学生プロ棋士藤井翔太の連勝記録を止めるかと話題に成っているが対局数ランキング1位の近藤誠也5段(20)は藤井翔太棋士の連勝記録18を止めそうだ♣

近藤誠也5段の目標棋士は谷川浩司9段

谷川浩司9段に憧れる近藤誠也5段(20)は「光速の寄せ」で攻めるだろう。ここ一番に強い。王将リーグ入りの一番で将棋界の歴史上同期昇段の二人(高野智史四段)の戦い勝利した棋士だ正に旬の棋士なのだ♣

おわりに

この二人の棋士だが二人共が羽生棋士に勝利している。プロ棋士の対局数ランキング1位の高野智史のスタミナが凄いのだ。プロ棋士は人間だコピューターではない。最終的にはスタミナ勝負の要な気がします♣




Sponsored Link

前の2件 | -