仮面夫婦なのか乙武洋匡妻が仁美夫人が謝罪するとは [スキャンダル]

夫婦仮面.jpg

乙武洋匡のゲスの不倫で妻仁美が私にも責任が有るとは信じられないコメントだ普通の女性は怒り離婚問題に発展するのが当たり前だが”


「五体不満足」の著者で夏の参院選に自民党が擁立を検討している作家の乙武洋匡(ひろただ)氏(39)が、24日発売の「週刊新潮」に不倫問題を報じられた件で同日午前、自身の公式サイトなどで「決して許されるものではありません」と謝罪、妻・仁美さんの「私にも責任の一端がある」とのコメントも掲載した,妻仁美のコメントは理解できない、夫が不倫すれば怒り悲しむのが普通の夫婦だと理解しているが「私にも責任の一端がある」とは、この夫婦は仮面夫婦だろう。

実に良くできた妻を演じているのか全く夫を愛していないのか二つに一つだ又コメントが余りにも早すぎる、既に用意していたのかの要だ、やはり乙武洋匡夫婦には愛は存在しないのだろう、人間特に愛する人に裏切り行為をされれば怒り悲しむのが当たり前人間らしさを感じさせる、仮面夫婦であれば愛も感情も存在しない、乙武洋匡は「五体不満足」の著書で世界を感動させた

それと共に大金と名声を手にした、五体不満足と言はれる人々は世界には沢山いるのだが、乙武洋匡は実に上手く立ち回った、その一端に妻の仁美が加担(プロデュース)をしたのだろうか、乙武洋匡は仁美夫人のオモチャなのか、つぎは政治活動をすると言うが仁美夫人のプロデュースもこれまでだろう、良き妻を演じるのはお辞めなさい♣

スポンサードリンク

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました