乙武洋匡は生まれきて良かった思える日を夢見て生きる [ニュース]

乙武洋匡.jpg

2016年は作家の乙武洋匡は多のものを失う年で有ったがしかし生きている内にもう一度だけ”


しかいいつの日か生まれてきて良かったと実感できる日を夢見いきたいと思いますとコメントする。乙武洋匡は不倫問題2016年は確かに最悪の年で有ったに違い無いだろう。

しかしながら乙武洋匡は前向きな姿勢をみせる。いつの日生まれてきてよかつたと思える日を追い続けるのだと言う。乙武洋匡と言えば不倫ゲスと言はれる時代に前向きな姿勢を崩さない姿勢だけは見習い価値は有りそうだ。世間一般の人々からこの要な前向きな言葉が出るだろうか。

確かに過ちを侵す事は誰も有ると思うが普通ではあれ程のバッシングを受けると簡単に前を向けないものだ。しかし乙武洋匡2017年に向け一番に生まれよかったと思える日が訪れる日を夢見て生きると言う。打たれ強いのか実に前向きな姿勢だ。

乙武洋匡は世間から完全に悪とされている今2017年の目標がすごいではありませんか見習うのは前向きな姿勢だろう♣


Sponsored Link

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

/* contents of a small JavaScript file */