松居一代は男に惚抜いた姿が哀れ [芸能界]

惚れぬいた.jpg

松居一代がSNSで発信する命の戦いとは何を意味する。正に哀れな女の姿だ”


松居一代の凄い戦いは。惚れぬいた船越英一郎を責め立てる。悲しすぎる女の姿が観える。独占欲とプライドを持つ女なの姿だが。スピンで動画を流す。松居一代は捨て身の覚悟で闘う事をいとわない。捨てられた女の怨みだけだ。SNSで闘う姿が哀れでならない。別に松居一代をかばう気はさらさら皆無だ。今松居一代は命を賭け闘うと言う。

騒げば騒ぐほどマスメディアは叩く。アメブロも一部投稿を削除したとか。おかしな話だ。名誉棄損に当たるとかで削除された要だ。バイアグラ男と罵られるた船越英一郎は完全に相手しない。一度結婚をした相手だ。黙れの一言も言えないのか。それほど恐いのか。情けない男だ。勿論情けないのは松居一代も同じだ。

だが松居一代は女だ。力は船越英一郎が当然の如く強いはずだ。家庭内暴力を振るう女は幾らでもいる。怖がっていたら終わりだ。ゲームセットだ。あえて言いたい。船越英一郎は駄目男だ。一度妻にした女を暴れさせることは男の恥じと思う。逃げるから追いかける。それが松居一代はだ。男は逃げてはいけない。

黙らせろ松居一代を。たぶん無理な要だ。離婚調停に持ち込み法的な手段を選んだ船越英一郎はたぶん法的には勝てると思う。だが負けた女優の松居一代に今は法律は関係ない要だ。惚れぬいた男に命を賭け闘う姿が哀れだ。離婚調停などしないで船越英一郎は殴り倒せば良いのだ。逃げる事は不可能だ。マスメディアは毎日騒ぐ松居一代はおかしいと言う。決して松居一代を擁護はしない。考えてみよ。騒ぐ松居一代が悪で。だんまりを決めた船越英一郎が正義なのか。メデイアは面白く書き立てる。不利に成るのは松居一代だ♣

おわりに

女性は愛が憎しみに変わるのが激しいと言う。船越英一郎は2年前から離婚を決断していたとか。それなら哀れなのは松居一代だ。話を一般的で客観的に観る。離婚を決意した男の行動は如何にするかだ。愛の欠片もないと堂々と告げる勇気を持たないと泥仕合にハマる。確かに言いずらい。別れを告げるのも男の最後の手段だ嘘やごまかし。ただの別居状態では女性は別れられない。最後の手段を選ぶのは一般社会でも同じだろう[涙]




Sponsored Link

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。