野田あすかの「悲しみのむこうに」を聞きたい [芸能界]

野田あすか.jpg
野田あすか.jpg


「悲しみのむこうに」金曜日のスマイルたちへで演奏する今日も耳から離れない。(css画像)”


ピアニスト野田あすか演奏曲だ発達障害を持つと言われるピアニストだ。別に発達障害と言われるハンディキャップは微塵も感じさせない。素晴らしい曲だ。昨日からネット民は大騒ぎしている。

「発達障害だけじゃない気がする。しかも22歳で診断されたって…周りなんで気づかなかったの」「野田あすかさん。発達障害で楽譜が読めなんだけど、自分なりの努力と工夫で譜読みしてた」「野田あすかさんは発達障害のピアニスト、ということで箔がついてしまってる。そんなに障害を押し出さなくていいと思うけれど」

いろいろ意見が飛び交う。どなたでも彼女の曲に魅せられた要だ。特に野田あすかの凄いことは。ピアノ協奏だけに集中している事だ。人の評価などは全く気にしない。更にミュージシャでありがちなレコード売り上げなど。野田あすかは別世界だ。ひたすらピアノと会話を楽しんでいる。会話がむつかしと言われる発達障害をオーケストラとの演奏で会話を成立させた。ただ凄いと思う。

賢明な両親

親に成るとどうしても皆さんと同じ道を行く事を望む。みんなと一緒が一番が大事なのだ。突然に子供が不登校となれば親は心配でたまらない要だ。子供を観察する事を忘れててしまうのだ。野田あすかの両親は素晴らしい。彼女の才能を引き出した。しかも仕事を辞め野田あすかのピアノ演奏に才能を見いだしたのだ。

おわりに

発達障害と呼ばれる子供達が今幾人いるか解らない。又あらゆる面でハンディキャップを持つ子供が多く居るのは確実だ。彼らは彼女らはなにがしらの素晴らしい才能を持っている。才能を見つけるのは誰だやはり一番みちかは親ではないでしょうか。




Sponsored Link

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

/* contents of a small JavaScript file */