斉藤由貴の主治医が優し過ぎる合鍵で往診する [芸能界]

魔性.jpg

斉藤由貴の主治医が優し過ぎる合鍵で往診凄い医師だ


斉藤由貴の不倫相手は優し過ぎる医師だ。6年に及び斉藤由貴の家族の主治医を務める医師だそうだ。横浜のマンションに合鍵で往診とはどこを診察していたのかサッパリ解らない。

この要な主治医を持つ事は素晴らしい事だ。だが斉藤由貴には主人がいる。優し過ぎる主治医にも奥様がいる。是を一般的に不倫と言う。不倫は言うまだもなく誰かが傷つく。常識有る女性は不倫はしない。多くの人を不幸にする事を知っている。斉藤由貴の主治医も馬鹿な医師だ魔性の女と呼ばれる斉藤由貴にいかれる要では医師の資格は無い。合鍵で往診とは凄い。

この医師は合鍵を何本持っているのか解らない。優さしすぎる馬鹿医師だ。世間一般ではあまり聞かない。

不倫医師ならば医師免許取り消し

斉藤由貴には家族が有る。当然医師も家族が有る。結婚とは相手の運命を背負い生きることだ。簡単に不倫はできないものだ。人間で有れば本能のままの行為は駄目だ。斉藤由貴は確かに病気的な魔性を持つ女性だ。医師は魔性病を診察するべきだった。言うならば魔性病が医師に感染した要だ。乱れた世だ。尊敬される医師がいとも簡単にW不倫とは情けない世だ。

おわりに

今日も不倫の話が多く話題に成る。政治家まで不倫に走る。最悪だ。理性がないのだ。人間失格としか言えない。不倫は文化と言たタレントもいた。不倫は理性を失った人間の弱さだ。愛する家族が有る。それでも不倫をするなら言い訳するな。責任を全て自分自身にかけることだ。不倫は誰もができるものではない。「不倫幸福論」と言う著者が有る作家「有川ひろみ」の作品だ。この本を読めば意外と不倫否定者に成る。




Sponsored Link

nice!(5)  コメント(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
/* contents of a small JavaScript file */