駅伝競走 ブログトップ
前の2件 | -

出雲を走る青春青山学院大学の神野大地が怪我 [駅伝競走]

10月12日12時55分を見逃すな


2B6alF63CUAElrnM神野大地.png
、今年の箱根駅伝の優勝チーム青山学院大学 優勝パレードは2万の学生駅伝フアンが殺到して彼らを祝ったのだ、チームの中心は新山の神と言れた、神野大地主将5区の山登りは最高のパホーマンスを見せた、箱根の初優勝の原動力と成ったのは気憶に新しい処です、

しかし神野大地は怪我を悪化させ「出雲全国日本大学選抜駅伝2015」に出場出来無いのです、大きな痛手と成った青山学院大学だが、同じ4年生の久保田和真や小椋祐介、3年の一色恭志を中心に神野大地ばかり頼ってはいけないと言う危機感が圧倒的な選手層を創りだした、現4年生の

合言葉は入学当初に交わされていた合言葉は3大大学駅伝制覇だったのです、戦う事すら出来ない
神野大地の為にも青山学院大学の絆が試される時がきている、青山学院大学を追走する駒澤大学
も選手は充実、中谷圭介 西山雄介のダブルエースに2年の工藤有正が急成長してこしたんたんと連覇を狙う、

東洋大学もいける 服部勇馬 弾馬の兄弟エースが存在感が有る、インカレで見せた弾馬のラストスパートは距離の短い出雲の武器に成るだろう、
明治大学は4年生の木村槙と牟田祐樹が中心で新しく一歩を踏み出すだろう、次に早稲田大学だ監督が変わり伝統的な走りは1区に掛かる1区で飛びだすと解らない多いいにチャンスが有る、
一瞬たりとも目が離せないスピード勝負3大駅伝で最短距離だけにチャンスはどこの大学にも有る!

Sponsored Link


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

出雲駅伝競走青山学院大学制覇から教えられた事 [駅伝競走]

出雲駅伝1区駒澤大学 中谷圭介が予想道り 快走逃げ切りを狙う2位青山学院大学に15秒の差だ 2区駒澤大学 其田健也が力走 青山学院大学に24秒と差を付け3区にタスキを渡す 4区

青山学院大学 下田祐太が堅実な走りを見せた 駒澤大学に1秒と迫るのだ 5区駒澤大学 西山雄介1秒差で1位をキープしたが 是が青山学院大学の作戦道理だアンカーは駒澤大学は大塚洋平
青山学院大学はエース 一色恭志2km迄並走するが2km過ぎからロングスパートだ駒澤大学は
40秒の差が欲しかった 後続を山梨学院大学トミ二ク二ヤイロがもう追走で駒澤大学を交し2位

今年は青山学院大学が出雲駅伝を制覇した3冠の夢では無い 強い青山学院大学を見ました 更に躍進しそうです。敗れたチームも誰の為に走る勿論自身の為だろうが 観えてくるのは それだけでは有りません 大学の名誉 支えてくれた全ての人々の為にひたすら走る 人間は一番幸を感じるのは人に喜ばれて感じるらしいです 駅伝競技をとうし生き方を教えられた気がした日でした!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の2件 | - 駅伝競走 ブログトップ