ボクシング ブログトップ
前の2件 | -

井岡一翔の本当の相手はセカンドの美人 [ボクシング]

今回、初防衛戦で対戦する相手はWBA同級12位/ロベルト・ドミンゴ・ソーサです戦績は26勝(14KO)2敗1分け
アルゼンチン出身。ここまでスーパーフライ級を主戦場に戦ってきたソーサ、2013年に世界戦に挑むも王座奪取失敗に終わった 今回から階級を1つ下げ、フライ級で井岡から悲願の王座奪取を狙う,井岡は初防衛戦をしっかりクリアし、その先に見据えたビックマッチへ辿り着けるのか,3階級王者・井岡一翔の新たなストーリーが始まるのだが気になる処が有るそれは、ロベルトのセカンドです、軽量にも現れている、井岡一翔の軽量を見つめる美人過ぎるマネージャーに井岡一翔の心拍数に変化が出たと言う、本来なら井岡一翔の勝利を確信するが、この美人がセカンドに付くと解らない、世界のボクシングも作戦はここまで来たのか、井岡一翔さんロベルトコーナーを見つめるな!




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ボクサーの父史郎の教育とは正しいのか [ボクシング]

亀田ファミリーの父史郎の教育について正しいか、誤りかは今の時点では解らない解るのは是からだろう、史郎氏の子供達 興毅 大毅 和毅と3人の男の子を全てボクサーとして育てた、彼らには他の選択を与える事はしなかった、是は普通並みの親には出来ることはできません、愛情が有るからこそ出来たのかのか、自分を含め家族の為にボクサーとして育てたと考える、3兄弟が将来考える時が必ず有る、父によりボクサーとして育てられた事が全ての兄弟が感謝と思うなら正しい選択だろうが、亀田氏は何時も世間を敵に廻してスポーツマンとしての教育は出来ていない様だ、3兄弟もやがては引退する、当然3兄弟は違う道を選ぶ事に成る、果たして今の絆が保てるか否かは解らないが、その時がきた時父史郎氏はアドバイスが出来るのだろうか、他人を思いやる心や世間常識を教えることが出来るのか、当然自分で学ぶものと言えばそれが正しいのだが、彼ら兄弟は余りにも世間離れをした教育しか受けていないように観えるのです、興毅が負けた引退を表明をしましたが、レフリーの批判をしているらしい、今こそ父史郎氏は潔く負けを認め綺麗な引退にして挙げるアドバイスする是も教育ではないでしょう!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の2件 | - ボクシング ブログトップ