水泳 ブログトップ
前の2件 | -

金メダリスト鈴木大地さんが初代スポーツ庁長官 [ 水泳]

日本政府は3日スポーツ行政総合的推進委員会スポーツ庁初代長官にソウル五輪の金メダリストの鈴木大地(48)を順天堂大学教授を充てる方針に決めた、10月1日同庁発足し2020年の東京五輪パラリンピック選手強化の司令塔となる、当初は川淵知チヱマン初代(ジェーリグ)橋本聖子さんアントニオ猪木さん、萩原健二さん、などが候補とされていた、大本命は川淵氏と考えていたが、いたではないか鈴木大地さんが、忘れるところだった、と言っても私が決めた訳では無いが文句なし、ここの所色々なごたつきが有ったが、やっと明るいニュース現場感覚も有り若さも有りしがらみ等はさらにない、鈴木大地さんは各省庁からの職員20名を率いる事になる、役人さんです彼らは鈴木大地さんの意思を良く理解して動くことを期待する、とかく役人は「殻」にとじ込まれる傾向が有るが、この庁はある程度の民間企業意識を持ち行動開始と期待する、文部科学相の下部組織だろうが、鈴木大地さんは下部組織とか、いわゆる組織にとらわれず東京五輪パラリンピックの強化にまい進してくれると期待する日本人全てのスポーツフアンのみならず全国民がです2020年は日本メダル獲得ラッシュとなり、舞い上る私が観える!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

池江璃花子100mバタフライ遂に16分台の記録 [ 水泳]

池江璃花子.jpg

池江璃花子(16)は泳ぐと自己記録何度も自己記録を更新する末恐ろしい選手になるだろう


池江璃花子は16歳の高校生だ何故だ泳ぐと自己記録を更新する凄いスイマーだ。リオ五輪で池江璃花子は100mバタフライ決勝で56分86で6位と成るが遂に16分台に突入したのだ。見る人々を魅了する大きな泳ぎはまだ見れる。200m自由形100自由形50m自由形女子4×100mリレーとエントリーしている伊藤は必ず世界記録を更新する16歳と言う若さ。生まれ持つ身体能力と強いメンタルが東京五輪では数々の種目で金メダル獲得をするだろう。池江璃花子に次ぐ選手が早くでることが大事だ。池江璃花子一人ではいけません。池江璃花子を驚かす選手を育成することだ。底挙げを図る事だアメリカの水泳は合いも変わらず強い。当然の如く選手層が厚いのだ。日本の水泳界もここ数年で可なり強く成ったが今からが大事だアメリカやヨーロッパのチームに勝てるスイマーを育てて欲しい。しかもリレーで勝てるチームが出来れば完全だ。現代は個人では五輪で金メダル獲得をする事は可能だが。更なるレベルアップはリレーで勝ことだ!
前の2件 | -  水泳 ブログトップ