スキャンダル ブログトップ
前の2件 | -

地方議員の不祥事次は長野県池田町の町長の飲酒運転 [スキャンダル]

AS20160104001716_comm.jpg

又しても地方議員の不祥事しかも町長の飲酒運転は何を意味する地方選挙民はなぜこのような人物を町長に選ぶのか責任全池田町議会に有り恥じを知りなさい


酒気帯び運転で松本署の任意の取り調べを受けた池田町の勝山隆之町長(69)が二十八日、辞職した当然だろう、勝山町長は「私自身の失態で町議員や町民、町職員に大変な迷惑をかけ、断腸の思い自業自得の所業で心よりおわび申し上げる」と謝罪した公選法の規定により三月下旬までに町長選が行われる見通しだと言うが先ず何故このような人物を選んだか総括する事をしてもらいたいものです、勝山町長は臨時会に先立ち、町議会全員協議会に出席。二十六日午前の記者会見では進退に言及せず、同日夕の町職員への説明で早期に辞職する意向を示したことを議員側から問われ、「報道などで町役場に迷惑を掛けていると考え、早期の決断が最善だと判断した」などと説明し
退職金は一千万円を超えるとみられ、「退職金は辞退するべきだ」との指摘には「そこまで判断する状況にない」と述べ、辞退するかどうかの明言を避けたと言う、その後の記者会見では「早期の辞職が町政正常化の早道と考え、辞職を決断した。申し訳ございませんでした」と頭を下げた町長選に対しては「出馬する心情にない」として立候補しないことを明らかにしたと言う、酔いが覚めたのだろうか事の重要性を考えたのだろうか、今の時代は飲酒運転は犯罪で有る、飲酒運転の被害でお子さまを亡くした多くの人々が飲酒運転撲滅運動をしている中に池田町の勝山隆之町長の飲酒運転は飲酒運転撲滅運動をしているに又大きな悲しみを与えたのです、又このような人物には絶対の退職金は辞退させるべきです事例がない等を言は無い事例より常識を考慮するべきです!

Sponsored Link

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

小保方春子一人でES細胞を盗む事が出来るだろうか罠なのか [スキャンダル]

小保方春子.jpg

小保方春子はES細胞を混入させたというストーリーに収束するように仕組まれている罠ように感じ実際に、これら一連の発表は、私の上司にあたる人たちによって、周到に準備されたのですと発言した”


小保方氏の実験サンプルからES細胞とみられる細胞が見つかったというのです去年1月、小保方氏の研究室で見つかったES細胞は、別の研究員が作ったもので何者かが盗んで持ち込んだ窃盗の疑いがあるとして、兵庫県警に告発状が出され、その後、県警が受理していました、こうした思いを手記発表した直後に兵庫県警から参考人として受けた任意の聴取だが小保方氏は、一体、どのような説明をしたのでしょうか、兵庫県警が17日までにES細胞が別の研究室から盗まれたとする刑事告発を受け、小保方氏から参考人として任意で事情を聴いていたことが、波紋をよんでいます小保方晴子氏が開発したと発表したSTAP細胞をめぐっては、理化学研究所の調査委員会が、ES細胞が混入した可能性が高いという調査結果をまとめていましたが去年1月、理研の別の元研究員が「ES細胞は、別の研究室で作られ、何者かによって盗まれたものだ」として、窃盗容疑で兵庫県警に告発状を提出し、去年5月に受理されました。捜査関係者によりますと、兵庫県警は16日、東京都内の警察の施設で小保方氏から参考人として任意で事情を聴いたということなのです理研の調査を受けて、小保方氏はこれまで、ES細胞の意図的な混入について否定し続けていました!

Sponsored Link

前の2件 | - スキャンダル ブログトップ