禁断の文書術 ブログトップ

ビジネスマンの文書の書き方NO1 [禁断の文書術]

「禁断の文書術」文章のたった1つの目的それは「今すぐ人を行動開始させる事です」


それは行動を起こす準備をさせる事です 一言で言うなら「準備OK」閉じていた相手の心の扉が開き行動を起こす準備を整える状態に成るのです。

 例えばトップセールスマンのセールスレターは車の性能や品質を語る前に必ず。お客の想像力を刺激する言葉を選択します「誰を乗せますか」「何処に行きますか」そんな言葉でお客さんの自分が車に乗った場面を想像させるのです。

 いろんな想像がそこに生まれるでしょう 彼女とデート 一人高速道路をCDを聞きながら走る自分を想像する 果てしない想像力が存在します トップセールスマンと呼ばれる人達が他のセールスマンと違うのは お客の心の準備のための工夫をしている点です 読む=言葉に反応する⁼想像する=行動を起こすです。

 文章はメールでも手紙でもブログでも相手に届けられます。それも同じ内容を大量に送ることができるのです。一昔のトップセールスマンは商品を売る前に自分を売れ。そんな言葉が有ましたが今時代には全てとは言わないがマッチしないようです 

口下手なセールスポイントは是らをマスターする 既にお客の心は想像以上に行動するでしょう その時はポジテブにお会いする事が大事以上で目的達成する事でしょう。

相手の想像力を使う。 こちらの望む行動を起してもらうメンタリストが使う方法です「行動や態度言葉などから相手の心理を読み解き 思うままに誘導する技術」を紹介します。メンタリストは会話の中にキーと成る言葉を埋め込みAならAという選択脂を手に取りやすよう相手を刺激しつづけるのです するとBに関心が有ったCさんはAを選ぶのです.。これがDaiGoのメンタリストなのです。

これらはメンタリストの一部でしか有りません これらの技術は可なりの訓練と経験がいるのですが文章ならかなり事情は変わります 落ち着き思うように書けます 書き直しもできます!

「人生の問題は文章が解決してくれる」相手の心を動かす文章が書ければ物が売れるだけではなく あらゆるコミ二ケーションが円滑になりそれも半永久的にです。読み手の心を動かし 行動を起こさせてこそ 初めて価値有るこれこそメンタリスト文章で「あれこれ書かない」「きれいに書かない」「自分で書かない」あらこれ書かないとは あえて短い文章で相手の想像力を利用し行動に導く自分が何を伝えたいのでなく文章を読んだ時どんな行動をして欲しいかを考える、綺麗に書かないとは感情を揺さぶる文章を書く事です。綺麗な文章は表面的になり感情は伝わらないのです

(小説家の文章ではない)

自分で書かないとは、その人あるいは人々は今何を悩んでいる、どうしたいと願っているか、その条件が解ると書ける文章も変わります、自分で書かない事につながります。人を動かすのは理論では無い感情です。 刺さる言葉は相手の中に有ると思いますだから刺さる文章は相手の心を揺さぶるのでしょう♣

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
禁断の文書術 ブログトップ