スキー・スケート ブログトップ
前の2件 | -

メデアが報じないフィギュア浅田真央 [スキー・スケート]

浅田真央の母匡子さん(享年48)は自らの夢だったバレーを姉妹に託した、足首を鍛える為にフィギュアに通いが浅田真央(5歳)のフィギュアの出会いだったのです。

浅田真央の父は売れっ子のホストでした、母も若くして親を亡くし夜の街で働く人でした、やがて二人は出会い1890年9月25日に後の浅田真央が誕生したのです、父は当時の宝塚のスターの大地真央から命名したのです、父は名古屋市内の通称「女子大小路」と呼ばれる一角でホストとして生計を立てていました、浅田真央の誕生の翌年に3階建ての家を新築しましたが、やがて姉妹の投資に消費者金融から家を担保として1300万まで借り入れていました、匡子さんは当時が一番苦しい時期と後に話ていました何時破たんしてもおかしくない時期とも話しているそうです、父の家の抵当権が取れたのが07年4月ローンの完済が10年9月に終わりました、父は姿を消しました、現在生存で過ってのホスト「沢村翔」はいません中京大のマンションで一人暮らしなのです、今や浅田真央の収入は1億を超えると言われていますが、母は悲惨な人生を送りました責めて今生きて居られたらどんなに幸かご冥福をあらためてお祈り申し上げます!

Sponsored Link

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

異次元のフィギュアスケートの王者羽生結弦 [スキー・スケート]

フィギュアスケートGPシリーズ2015NHK11月27日王者羽生結弦が異次元の演技を見せた

気迫にみなぎる羽生結弦の演技は今まで自らが持つ得点101,45を更に上回る106.33と4.88も更新した、この更新は陸上競技100走8秒台の突入に匹敵すると言はれる得点と評価されている高得点ですこの得点を破る選手は王者羽生結弦ほかいないと思う、見事な回転サルコーGPO(出来栄え評価)を引出したのです、準備動作がスムースで自信溢れる迷いがまったくない演技はどこからでるのだろうかと考えて観た、やはり彼の人並み外れた素質と練習から生まれるのだろう、無駄な力が入らないのだ、他の選手との各の違いを見せつける王者羽生結弦の演技はどこまで進化するのだろうか、今の年齢が20歳今から幾年フィギュアスケートに挑戦するのか解らないが彼の演技を脅かす選手は2015年には当然でることはないことは明白だ、106.33を上回る得点をだす選手は現れないような気がする、もしこの記録を破る選手はやはり王者羽生結弦だろう、それも気力、体力、勇気などすべてが揃い初めてこの記録は破れると思う、それほどの記録正に異次元の記録と言える、この世界最高の記録が何時どこで誰が更新するのだろうか、かなりの時間と言うより期間と言うべきかも知れない、それにしても羽生結弦は強い当然世界のフィギュアスケートのレベルを挙げた王者に拍手を贈りたいとともに更に世界に躍進して欲しいものです!

Sponsored Link

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の2件 | - スキー・スケート ブログトップ