安全保障関連法とは存立危機事態とは誰が日本憲法は何処に行く [政界]

1431610357.jpg

政府は22日午前の閣議で、安全保障関連法を29日に施行することを定める政令を決定した"


安保関連法は同日午前0時に施行され、他国への攻撃などで日本の存立が脅かされる「存立危機事態」が生じた際、集団的自衛権を行使してその国を守ることなどが新たに可能となる。安保関連法は昨年9月30日に公布後、6カ月以内の施行を規定していた。閣議では併せて、安保関連法施行に必要な26本の政令改正も決定。自衛隊から国連平和維持活動(PKO)に司令官を派遣するための自衛隊法施行令が含まれる。よく理解できないのは「存立危機事態」だ調べてみると疑問だらけだ正に日本憲法の上に有るのが「存立危機事態」だ誰が決めるそれは内閣総理大臣だ以下まとめました 
日本が武力攻撃を受けた場合、「武力攻撃事態」として自衛隊が出動するが、現行法制は、日本が直接の攻撃を受けた場合の個別的自衛権しか認めていない。今回の法制で、米国など「密接な関係にある他国」が攻撃され、「日本の存立が脅かされ、国民の生命、自由などが根底から覆される明白な危険がある」などの要件を満たした場合、政府は「存立危機事態」を認定し、集団的自衛権を行使できるようになる。日本が攻撃されていない段階でも武力行使が可能になる。最も想定しやすいのが朝鮮半島有事だ。勃発すれば日本は米国などと協力し、韓国から退避してくる邦人らが乗った船舶を守り、日本に飛来する可能性がある弾道ミサイルの警戒に当たらねばならない。現行法制では自衛隊は米艦への攻撃を見過ごすしかないが、集団的自衛権を認めることで防護が可能になる。もっとも、集団的自衛権が行使できるのは「自国防衛」につながる場合だけだ。例えば米国本土が攻撃された場合に、自衛隊が米国まで行って戦うような「他国防衛」はできないと有るが余りにも変わる日本は何処にいくのだろう、北朝鮮がミサイル発射をすると喜び顔の阿部総理は何をしたいの憲法改正をしたいのだろうが許さない国民がいることは忘れないで欲しいものだ!

Sponsored Link

阿部内閣の景気対策のネーミングが多いい「社内留保完全放出」で良い [政界]

政権阿部.jpg

阿部政権の阿部総理の景気対策の必死さは一部の理解はするが景気とは何か今一度考えて欲しいものだ”


厚生労働省は23日、安倍晋三首相が第3次再改造内閣での「最大のチャレンジ」と位置付ける「働き方改革」に対応するため、関係部局の大幅な組織改編に着手する方針を決めた。働き方改革に特化した「雇用環境・均等局」の新設が柱となる。阿部総理の景気対策はネーミングが多すぎて忘れることもしばしばだ是は国会議員も同じではないだろうか、「アベノミクス」で始まり「1億総活躍」「デフレからの脱却」色々と景気対策のネーミングを付けて景気向上を目指す阿部総理。遂に「働き方改革」などをネーミングにし景気対策をしようとする。余り多いい景気対策のネーミングは効果が半減するような気がする。阿部総理より国会議員よりも素人の考えが景気対策をしそうだ。簡単に景気は良く成るのだ「アベノミクス」は終演した。おかげさまで大手企業は大儲け「ありがとうございました」で終わっている事が問題なのです。どんな景気対策のネーミング付けても駄目。あえて言いたいネーミングは「社内留保完全放出」このネーミングは必ず景気対策の柱になる。一度「社内留保完全放出」をした企業は必ず景気の好循環を生み出した社員は働く意味を得る。社内留保放出企業の公表も重要である♣

Sponsored Link