NHKの会長籾井勝人は商社マン報道正義感が欠如している [世論]

籾井勝人.png

NHKが熊本地震発生を受けて開いた災害対策本部会議で、本部長を務める籾井勝人(もみい・かつと)会長が「原発については、住民の不安をいたずらにかき立てないようにと指示していた”


公式発表をベースに伝えることを続けてほしい」と指示していたことが22日、関係者の話で分かった「事実なら、報道現場に萎縮効果をもたらす発言だ」と思うのだ、元々籾井勝人は報道機関に適する人物なのだろうか、過去を調べて観たら報道機関には全く関わりのない人物だ、ゴルフのタクシー代をNHKの経費にしたり、NHKは国の報道機関と考えている要だ、全てが内部告発で反明している。

阿部晋三のブレーンの一人NHKは国人が放送料金を負担して経営している事を理解しているのだろうか、NHKの支払いはしたく有りません、籾井勝人は元々は三井物産に入社し、そこで鉄鋼の業務をこなしていたのですが、それから32年かけて本部長に昇格し、そこから3年でアメリカ支部での監督兼社長となり、2年後には日本に戻ると副社長となったのです、上司の意見を絶対とする民間企業人には公共放送NHKには向かないのは明白な事実だ。

籾井勝人は上司は安倍晋三と疑いが有りません、NHKの内部では可なり反発を受けている要だ、国民の立場より国の立場を大事にしているのだ。

商社の人間をNHKのトップに抜てきするのも可笑しな事だ、これも安倍内閣総理の仕業だ、報道の自由は既にNHKには有りません、報道の自由は民間放送にも制限がかかりつつ有るのだ、高市早苗がそれを暴露したのは明かだ、報道の自由がない国の未来は怖いことです♣


Sponsored Link

いじめで苦しむな嫌なら行くな苦しい処に命が大事 [世論]

イジメ.jpg

今だにイジメはなくならい幾ら教育者が努力しても限界なのだろうかイジメで苦しむなら行かない苦しい処に”


名古屋市西区の市立中学校1年の男子生徒(12)が「いじめが多かった」と遺書を残して 自殺した問題で、同校の全校生徒約500人を対象にした緊急アンケートの結果、のべ80人が生徒へのいじめを見聞きしたと回答した。市教育委員会が5日、発表した。この名古屋市西区のイジメ問題以降イジメは減ったのか。
答えは全く減って居ないのが現実だ。イジメで苦しむなら行くな。苦しい処に。


若い将来が有る小年や少女が命を捨てるのはもう見ていられない。学校や教育者にも限界が有る。親は不登校を嘆く気は解るが。命の方が大事だ。苦しいなら叫べ。嫌な処に行くな。
何故同じ事が繰り返すのだろうか、安全で有るはずの学校に何が起きて居るのだろう。
イジメを受けた子供「助けてと」言は無いのは何故なのか今一度考させられる。

学校だけでは対応が出来ない、のだろうか、この名古屋の件は80人の生徒がいじめを知り得たのだ、先生の耳には入る事は無かったのか、是では子供は学校には行かせ無い家庭が出ても不思議では無い、イジメを受けた生徒は共通しているのが親に「助けて」と言はない、では誰が助けるのだ、こうしている今も何処かでイジメが起きているだろう、先生に信頼関係が無いのか、親には心配を掛けるから言わないと聞いた事は有るがイジメを受けて苦しい子は大きな声で「助けて」と叫びなさい、必ず解決します、それが一番です、もし今イジメで苦しんでいる子が居れば、誰でも良いから「助けて」と言いなさい。又嫌な学校には行くなよ。イジメ子供は辞めなさいイジメは最低の犯罪ですよ!


Sponsored Link