国交回復でキューバは変わるオバマ政権初仕事 [世界]

キューバ.jpg

オバマ大統領は、20日に現職のアメリカ大統領としては88年ぶりにキューバを訪問します。去年7月の国交回復で生まれたビジネスチャンス。社会主義国キューバが変わり始めています


オバマ大統領がキューバ到着88年ぶりのアメリカ大統領訪問55年ぶりの国交正常化となる、まるでタイムカプセルの中にいたようなキューバが今希望に満ちた国に変わろうとしている、半世紀キューバ経済は止まっていた、国民の平均年収は約3万円だった、共産主義の国家企業による停滞によると共に世界でも孤立した国だった、ロシア、べネゼイラの補助を受けていたが貿易禁止解除により今キューバは希望で溢れる若者層が動きだした要だ、キューバに行けビジネスチャンス到来だ特に日本の中古車は売れる、勿論家電もだ中古で良いと思う、キューバは観光客を受け入れる事に経済のグローバル化を目指すだろう、人口は11.265.629人国の面績110.860kmヘイベー(北海道の1,3倍)言葉はスペイン語です宗教は自由と言う、在日の日本人は84人永住権は20人長期滞在者64人です、1959年に起きた革命指導者カストロはキューバを幸な国にはしなかつた要だ、私達も学ばなければなりません、政権により国は多きく変わると言う事を、しかしながらキューバはオバマ政権により国交正常化になり今世界が注目しています、今以上悪くはならないだろう、行動力の有る若者はキューバを研究するべき正にビジネスチャンスが到来している、中国と異なり反日感情は有りません!

Sponsored Link

トランプが別人アメリカ大統領テレビ討論会は凄い [世界]

reuters160923-pe-thumb-720xauto.jpg

米大統領選テレビ討論が遂に始まる以外にトランプが落ち着き過激なは発言をしないアメリカ中間層をにらんだ討論から入る”


10時00分アメリカ大統領討論会が始まった討論会で大統領選挙は決まると言う。トランプは発言が今までと違う、落ち着き柔らかい発言だ。政策もクリントンに負けない発言をしている。現代のトランプとクリントンのアメリカの調査は若干の違いが有るクリントンの数%の有利を伝えているがトランプの逆転も有り得る、トランプ候補がアメリカ大統領に選任されると日本は想像が付かない。今までの発言を実行するのか、それとも今までの過激な発言は単なるアピールだったのか解らないのだ。日本から海兵隊員を撤退する。

守りたいなら金払え。日本も核を持て。日本の戦争にはアメリカは関係ない。TTPは中止数え切れないトランプ発言は実行されるのか大統領選挙この討論会で決まる。過去のアメリカ大統領選の歴史だ世界が注目をする。もしトランプが大統領選挙に勝利すれば日本の全てが代わるだろう♠

Sponsored Link