クリスマスは創意工夫しぼっちーくり最高 [世論]

クリスマスに.jpg

クリスマス一人は有意義にぼっちーくり最高


もうすぐクリスマスです。クリスチャンなら別ですがクリスマスの過ごし方は有意義に過ごすことが最高の一時です。クリスマスと浮かれるカップルもいますが如何に見ても現代社会ではカッコ悪いと見えるのです。現代社会では20代~30代の67,7%がお一人と言われています。例え恋人が居てもクリスマスと浮かれるのは高校生まで。

有意義に過ごすクリスマスとは。大人はクリスマスは創意工夫し自分を高める。例えば日頃読まない本を完読する。コーヒーを誰よりも美味く入れる。武器を手にする機会と思う事は最高のクリスマスでは。外に出る時は思い切って着飾り胸を張り歩く。思い切ってジョギングも良い。趣味に没頭するのも有りだ。クリスマスと浮かれるのはカッコ悪い時代なのです。

カップルを羨ましいと思うべからず。


Sponsored Link

クリスマスイブに出現するカップル

無理をして見栄を張らないとならない。なんと哀れな方々と思う事だ。事実クリスマスイブは要らないと言うカップルも存在するのです。

やはりクリスマスは創意工夫しクリスマスに関係ない自身を高める行動をする。これこそが最高のクリスマスではないでしょうか。過去の日本人はクリスマスイブは大騒ぎをした時代は有ったのは事実。だが現代社会は様変わりした。時代を先取りするには。自身を高める準備をするクリスマスにするのも良い。


nice!(3)  コメント(0) 

日産自動車誤りはカルロス・ゴーンを社長に招いた [ニュース]

カルロス・ゴーン.jpg

カルロス・ゴーン役員報酬10億の価値


カルロス・ゴーンは就任前役2兆円の債務を驚異的な経営戦略で日産自動車を復活させた。1999年3月ルノーと資本提携 ルノーの配下具体的に、国内の車両組立工場3ヶ所及びユニット工場2ヶ所を閉鎖した。又国内の生産能力を従来の240万台から165万台へと減少させることで生産能力の適正化を図た。

更にコスト削減のために、世界でグループ人員を21000人削減したり、購買コスト削減のために下請企業の数を約半分に減らしたりしていた。当時この経営戦略は日本人経営者にはとてもできるはずがない戦略だった。情け容赦ないリストラは考え浮かべても当時の日産自動車経営者にはできるはずがない戦略だった。

Sponsored Link

「日産リバイバルプラン」

カルロス・ゴーン日産自動車は3つの目標を掲げた「利益ある成長」「3年間で20%のコストの削減」「 最適生産効率/最適コストの達成」をコミットメントと掲げた。誘発された社員は正に必死に働いた。欧米型経営者には目標は数字だけ言い訳は無用な戦略は完全に日本型経営からかけ離れた。更に日産自動車は凄い目標を掲げた。

日産180作戦

180の1は3年間で販売台数をグローバルで100万台増やす事を意味する。180の8は8%の連続売上高営業利益率の達成を意味した。180の0は3年後の2004年度末までに自動車事業実質有利子負債0を実現するという目標で、つまり「負債ゼロの0」を目標とした。

コミットメントの元で必死で生産性を向上させる社員と経営陣には解らない溝が生まれた要だ。それが今回の無資格検査問題の調査結果で有るのではないでしょうか。無資格検査はカルロス・ゴーン社長時代から有ったのです。カルロス・ゴーンは凄い経営者には違いないが。やはり無理が有った要だ。



Sponsored Link


nice!(3)  コメント(0)