人気女優コ・ソヨンがCM降板の訳は韓国経済の低落

人気女優コ・ソヨンがCM降板の訳は韓国経済の低落 [芸能界]

ソ四コ・.jpg
ソ四コ・.jpg

コ・ソヨン

韓国は経済低迷で消費者金融を利用者が急増している


返す当ても無しに借りる当然の如くに自己破産が若者層に増加している,2009から始まる若者層の失業率と共に、38万4000件と個人再生の申請受付が8年で2倍以上に増加している。

返す当て無しに借りた結果で有るところが韓国人は借りた本人と同じくらい貸した方が悪いと非難ごうごうと貸した側を責めるのだ。

トラストグループの企業CMに出演していた人気女優で有るコ・ソヨンが悪徳業者の片棒を担いでいるとCM降板をしたのです。


韓国の消費者金融の金利は06年当時は66%


現在も34.9%と高金利です。この政策は韓国政府が認めた金利です、高金利と甘い審査が女性や若者層に広がるのは火を見るより明らかだ、しかしながら韓国人は借りた側と同じく貸した方に問題を見出す。

あきれた国だ話にならないとは韓国のような国ではないだろうか、当然日本の企業も参入しているだろうが日本の消費者金融企業は韓国を撤退するべきだ。貸し倒れが起きる今以上に起きる督促はできない、貸した方に責任が有る文化が韓国だからだ、韓国の経済は今最悪なのだ、この飛び火が又日本に向けられるのではないだろうか、自分の国の政策を非難するとともに日本企業にも、いらだちを充てるだろう韓国女優コ・ソヨンは映画やドラマの他にもCM、MC、ラジオとマルチに活躍している。

特別な“美しさ”を持っていると評され、コリアン・ビューティーの代表格でもある。幼い頃に4年間日本で生活していた経験もあり、日本のファッション雑誌に取り上げられたこともあるなど日本との関わりも強い,コ・ソヨンの出世作となったのはドラマ『お母さんの海』で“コ・ソヨン族”という言葉を生みシンドローム現象ともなった。これまで様々な賞を受賞した実績をもち、今後もさらなる活躍が期待されているが韓国では&女優が日本の消費者金融企業は悪徳業者と決めるのはやはり反日教育からからくる思想なのか。女優コ・ソヨンは可哀想だ。グローバル社会で大きなコマーシャルの仕事を失われた♣

Sponsored Link

nice!(5) 

nice! 5

Facebook コメント