テレビ番組解説日記

小泉進次郎「さすが自民党の選挙」にとニュージーランドに視察研修 [政界]

3小泉進次郎.jpg

小泉進次郎が9月1日さすが自民党の選挙に


小泉進次郎が9月1日国民に「さすが自民党」と思われる選挙にして欲しい言い、告示直前まで出張する、他人の喧嘩に口出し、しないのか小泉進次郎は、安倍政権、石破候補との喧嘩で自分に火の粉が廻る事を避けたのか。

自民党の筆頭副幹事長の立場に有る小泉進次郎だ、どちらかを応援する姿勢を示す事が国会議員としては使命と考えるのが当然と思われるが小泉進次郎は告示直前までニュージーランドに飛び立った。今迄の小泉進次郎は自民党の批判も堂々と主張した、小泉進次郎の人気はそこに有ったのです。


小泉進次郎は将来は総理総裁を狙う


安倍政権後は石破政権か、その次は小泉進次郎は総理の地位を狙う、そうなれば今の安倍と石破の選挙に口出ししないが賢明と考えたのだ。自民党の総選挙には開票まで投票先を明らかにしないと述べている、策士と思える小泉進次郎だ、自身の自民党での立ち位置は把握しているはずだ、堂々どちらかに応援をするのが国会議員の使命を思うのだ。

ここら辺の戦略的な駆け引きは父親の小泉にそっくりそのままだ、今回の小泉進次郎の「さすが自民党の選挙」この言葉もインパクトは有る、インパクトのみで政権に付いた親父だ、上手くやった、それにしても小泉進次郎のニュージーランドに出張は策略家と思える行動力だ、農業関係に強い、特に主婦人気の小泉進次郎だ。


さいごに


正義より大事な事は政治家には策略家の要だ、小泉進次郎は前回は石破に投票した、それなのに投票先を明らかにしないとは、いい加減な物だ、小泉進次郎人気はいつまで続く訳ではありません、堂々と総理の地位を目指してもらいたいと思うのですがいかがでしょうか。


nice!(6) 

ジャカルタ男子(U21)森安ジャパンは負けていない [サッカー]

2サッカー.jpg

韓国対日本(U21)は負けていない


ジャカルタアジア大会男子サッカーは森安日本は負けていない、韓国の猛攻に前後半と日本は完全に耐えた、観国はオーバーエージトFWソン・フンミンを起用していた、
これが日本(U21)が試合では負けたが、闘いは負けていなかった。

オーバーエージトのソン・フンミンのポストのプレーがミッドフーフイルダーのイ・スンウイを活かしたのだ、見た目は韓国支配の試合の流れに見えるが、日本の中盤及びデフェンスは完全にマークを外し守備陣を慌てさせ、崩された場面はなかった。


延長前半に生まれたイ・スンウのゴール


延長前半のイ・スンウのゴールはさすがです。日本守備陣はオーバーエージトFWのソン・フンミンのマークに二人が付いた、そこのポストプレーに半イ・スンウのゴールが生まれたと見えた、1点を先制されれば、日本はリスクを覚悟で攻撃をしなければならない、そこで11分ファン・ヒチャンのゴールが生まれたのです。

この韓国戦は森安ジャパンはまった悲観する事は無い、想定いないの戦いができたのです、解説者もこの韓国戦には意外と敗北は批判はしていない、日本(U21)が2020年の東京五輪で闘うが、更に強い闘いを見せてくれると確信している。

2020東京五輪では日本はオーバーエージトを誰を使うかが日本の鍵になりそうです。


森安ジャパンのメンバーはワールドカップを見据えている


アジア大会は若いメンバーを代表に起用した、更に凄い選手が日本にはいるのです、選手層は厚いのです、ワールドカップの選考が如何になるか森安ジャパンは選考に頭が痛くなるほど有望選手が沢山いるのです。


さいごに


森安監督の戦術は世界的だ、その戦術采配はサンフレッチェ広島をJリーグで優勝を成し遂げた、

近代サッカーは個人技からシステム優先と変化した、森安監督はシステムほを完全に見据えている。

その個人技を活かすのはゴールエリア内プレーだ、そこからの得点が最大の得点チャンスとなるのは前回のワールドカップが証明している。

凄い個人技の選手(メッシ)を抱えた国がワールドカップで負けたのはやはり個人技を頼り過ぎ、森安監督は完全にゴールエリア内のシステム指示し得点すると思います。


nice!(5)