カルロス・ゴーン通貨デリバティブに手を染めていた [世界]

日産と日本の屈辱


カルロス.jpg

ルーノからの出向社長ゴーンはこの通貨デリバティの損失17億を出していた、その損を如何にするか考えた要だ。カルロス・ゴーンは思い付いたのか計画的なのか取引を事態を日産に移したのです、大儲けすると自分のお金、損が出れば日産自動車に肩代りをさせる、まさに犯罪者の手口だこの手口は、日産自動車及び日本の屈辱だ。


カルロス・ゴーンはハゲタカ


ハゲタカと言う言葉はカルロス・ゴーンの要な人物を指す言葉ではないでしょうか、
ゴーンはリスクの高い通貨デリバティブに手を染めていた事は解ったのですリスクは高いがリターンも高い取引に06年に始めていたのです、自分の資産で銀行間で取引を初めたが08年のリーマンショックで多額の損失を出したゴーンは債権の下落で銀行の担保不足に陥ってしまったのです、容疑者カルロス・ゴーンに銀行は担保追加を求めたが銀行の追加資金には応じる事なく更なる提案をしたのです、取引を日産自動車にしたのです。



カルロス・ゴーン企業再建の思考


コストカットだ情け容赦なくリストラが全てだ、カルロス・ゴーンは企業の債権にはいつもリストラを取り入れた、日産自動車は2万人がリストラに有ったのです、彼らは派遣社員や無職に陥った人も多いいと聞く簡単に長年企業に尽くした人々をリストラする、これは従来の日本型企業には有り得ない経営者だ、その陰で通貨デリバティブで自分のお金儲けをする、失敗すると日産自動車にツケを廻す正にクズだ、日産自動車の幹部社員も完全にカルロス・ゴーンに抵抗できなかったのです、抵抗すればえげつないカルロス・ゴーンの攻撃が始まる、是が怖かったです。

続きを読む


nice!(6)