テレビ番組解説日記

疫病神の観月あこがフランス滞在中錦織圭怪我が気に成る [テニス]

疫病神観.jpg

錦織圭は怪我が多く世界ランキングも下降する。理由は明らかに疫病神観の観月あこの存在だ


錦織圭と観月あこの熱愛が報道されて以降は。観月あこの行動は錦織圭に付き切りだ。錦織圭の行く処には必ず観月あこの存在が見える。熱血コーチのマイケルチャンも幾度となく忠告するが。錦織圭は疫病神の観月あこを諦めない。家事はおろか料理の出来ない観月あこに栄養学などできるはずがない。テニス界で君臨する選手には必ず栄養学を学んだ相手がサポートしている。

グランドスラムを勝利するには栄養学は欠かせないのだ。錦織圭の食事管理は誰がしている。おそらくは誰もしていないと思われる。何しろ錦織圭に付き切りで怪我のリスクなどを知るよしが無い。テニス界のランキング上位の選手は大型の選手が君臨する。錦織圭は178cmと大型の選手ではない。コートを駆け回るプレーが持ち味だ。それは怪我リスクは多いい。事を意味する。当然大事なのは栄養学だ♣

料理もできない疫病神の観月あこ栄養学は知るよしもない

錦織圭の世界ランクは現在は9位と下降した。疫病神の観月あこと熱愛は始まり怪我が大きく増えた結果で有る。全ては栄養のバランスが悪いのだ。熱血コーチマイケルチャンが作戦を立て勝負にいぞんでも怪我では作戦も水の泡だ。怪我リスクをなくすには栄養学は無視できないのだ。その栄養学を疫病神の観月あこにはできるすべがない♣

アスリートには完全な女性が求められる

一流アスリートには完全な女性が求められる。完全とは意外と簡単なのだ。今迄の知らな事を勉強する努力をする女性だ。アスリートの栄養学は知らない人は学べば良い。睡眠不足には如何にするか学ぶ。努力をする女性が一流アスリートには居る。果たして観月あこは学ぶ事を知っているのか疑問だ。観月あこが錦織圭の側にいる限り。錦織圭の世界ランクは下降を続けてやがて世界ランクから消える。30才がピークと言われるテニス界に置いて栄養学は大事だ♣


Sponsored Link


続きを読む


nice!(4) 

ウインブルドンテレビ中継の圭君頑張っての声は誰だろう [テニス]

観月あこ.jpg

ウインブルドン錦織圭ジョコビッチに苦戦


ウインブルドンで見たジョコビッチ(31)は元世界王者だ、錦織圭は苦戦した、ジョコビッチは、世界ランキング12位の位置だ、一時期の王者ジョコビッチの姿は感じられなかった。だが錦織圭世界ランキング28位はジョコビッチに完全に苦戦を始めた、その頃テレビ中継に圭君頑張っての声が聞こえた、ジョコビッチは世界王者時代のジョコビッチではなかった、だが世界ランキングが示すジョコビッチと錦織圭の戦いは一時的には錦織圭の優勢な場面も有ったが徐々にジョコビッチのペースに敗れた。

錦織圭の応援団の日本語の声はハッキリと聞こえた。そのタイムから錦織圭のテニスがおかしくなった、世界ランキング28位の位置の錦織圭の応援団に居た若い女性の声は誰だ。自ら自分を忘れている、日本にテレビ中継をされているのを知らないのか。錦織圭の何かが足りない、翌々考えると満たされている事が見える、世界ランキング28位の錦織圭はテニスブームに乗っているのだ。足りない物は昔のジュニア時代のハングリーな精神と思う。


世界ランキング1位ラファエル・ナダルと当たらない


ファエル・ナダル(32)対フアン マルティン・デル ポトロ、世界ランキング4位(29)の戦いは死闘を演じナダルが勝利した、、身体能力から生まれる早くサーブは凄いし、強いリターンは正確にコートをとらえる、ミスはほとんどない、凄い、試合だった、この試合こそ、何かが足りないとは思えない試合だった。錦織圭は準々決勝でジョコビッチに負けた、ナダルと戦う事は有りません。

それ故にテレビ中継のあの女性の声を聞く事はない、圭君頑張っての声は誰だよ、気になる、錦織圭とナダル戦は完全に消滅した、身体能力を含め、メンタルや技術的な部分、全てが錦織圭を上回ると思えた、ジョコビッチの勝利はテレビ中継の女性の声の持ち主を帰国させたのか、それとも圭君頑張っての声は錦織圭に付きまとうのか気になる、もしかしたら疫病神と言われる女性の声かも知れません。

おわりに

日本男子テニスを錦織圭が引っ張っている、女子テニス界は大阪なおみが期待される、多くの若手の到来が待ち遠しい、世界のテニスは凄い、ナダルが手本だ、ジョコビッチと対戦するが、如何にジョコビッチを高く評価してもナダルの勝利ではないだろうか。男子テニスは錦織圭が世界で戦う、錦織圭チームに女性がいたとは驚いた。ウインブルドンまで応援とは普通人では有り得ない、やはり噂の疫病神と言われる観月あこか。


nice!(4)